不動産を抑える事

不動産の違約金について

トップ / 不動産の違約金について

賃貸不動産を探す際のマナー

不動産の世界では賃貸は売買と違って後になって契約や申し込みをキャンセルしても違約金など発生せず申込金が没収される事もありませんし業者が返金しないと罰せられてしまいます。それを逆手にとって中には気に入った物件をしばらく押さえて置きたい為に申込みをいくつもする人がいます。結局部屋が決まっても決まらなくても借りない部屋はキャンセルしなければならず同じ様な条件で探していた人が損をする事になってしまいます。申し込みの数には制限が無く早い人勝ちとは言っても本気で悩む気のない不動産物件に申込みするのはやめましょう。

不動産を探す

賃貸では違約金が発生する場合も

不動産が管理する賃貸物件では、契約内容を破った場合に違約金が発生し、種類も様々なものがあります。主なものには、家賃滞納した場合には、基本的に年利15%支払うことが多いようですが、契約内容によって異なります。また、請求するしないかは大家さんの判断にもよります。そのほかでも、契約期間内の中途解約や更新料未納、契約者以外の人物が入居するなども該当します。自分の住みやすい用にリフォームをしたくなりますが、室内を勝手にリフォームすることは避けるべきです。もし、リフォームしたい場合には不動産、または大家さんに相談しましょう。無駄な出費を抑えるためにも、また気持ちよく住み続ける為にも、契約内容をしっかりと読みルールはしっかり守りましょう。