相続税対策をするには

相続税対策は早めに考慮

トップ / 相続税対策は早めに考慮

相続税対策としての不動産投資

昨今では、相続税対策として不動産投資をする人が急増しています。その理由として相続になったときの建物評価は、実際にかかった建築費用ではなく固定資産税評価額で評価をされるからです。建物の評価方法は、この固定資産税評価になるという特徴を利用することで銀行などから借入をしなくても相続税対策として節税効果が期待できます。自宅でも現金から不動産に変えることで、固定資産税評価になるため資産評価を約半分に圧縮することができます。

収益物件として魅力的な倉庫

不動産の収益物件は、毎月の賃貸料の収入が見込めるのが魅力です。維持管理費が少なくて済むほうが、利益回収率が高くなります。収益物件の中には、アパートやマンションあるいは一戸建て住宅の他にも、倉庫があります。倉庫は居住しませんので、配管トラブルなどが少なく、維持費の節約効果が高いです。商業地域では重宝します。住宅地でも、広めの物置として活用されることがあります。倉庫ならではの利便性に注目すると、安定した賃料の収益に結びつきます。