お任せ!長さのJCSS校正業者6選

異なる国でも長さの測定結果が信頼される制度

TOP > 長さのJCSSについて > 異なる国でも長さの測定結果が信頼される制度

異なる国でも長さの測定結果が信頼される制度

長さの単位は、昔は国によってさまざまでした。
例えば日本では「尺」という単位が用いられていましたし、アメリカでは「フィート」が今でも用いられていることがあります。
しかし、やがて輸入や輸出など、国と国とでの取引などが多くなると、異なる基準の単位を用いていると、色々不便なことが起こるようになってきます。
その他さまざまな理由から、現在では国際単位の長さとしてはメートルが用いられるようになっています。
単位を同じにすることで、輸入する国が必要とする長さの製品を、輸出する国で正確に作ることも可能となります。
このように、同じ単位を用いて正確に長さを測ることが必要とされるケースは多くあります。
正確に長さを測るときに大切なことは二つあります。
一つは、計測器を正しく用いることです。
そして、もう一つは、用いる計測器が正確であることです。


計測器を正しく用いることは、計測する人間が注意するべきことです。
そして、計測器が正確であることは、製品を作る段階が重要になります。
長さの基準は、国が定めた標準があり、その標準をもとに標準器が作られます。
計測器はいろいろなところで作られますので、標準器も数多く作られることになります。
ある標準器をもとに、さらに標準器が作成され、さらにそれをもとに新しい標準器を作り、といったように標準器をどんどん作ることで、各地で測定器を生産することができます。
この、標準器を次々に作成する時に、一定の基準を設けることで計測器の正確性を保つようにしている制度があります。
その制度の一つがJCSSです。
JCSSは、校正事業者登録制度という制度です。
定められた方法で、設けられた一定の基準に適合しているかを審査し、認定した業者を登録しています。


JCSSに登録されている業者は、JCSSのロゴの入った校正証明書を発行することできます。
この証明書があることで、国の標準をもとにしていることが証明されるため、測定結果の信頼性を確保することが可能になります。
また、JCSSは近年、世界の一定の機関でも承認を受けているため、承認されている国の機関であれば、そのまま認められることになります。
昔と異なり、商売や物流などを考える時には、国際的な視点において考えることが現代では必要です。
そのため国際的にも信用が高くなりつつあるJCSSの認定、登録を受けている業者を選ぶことは、そのまま信頼性を高くすることにつながるといえます。
国を超えて競争する場合などにも、この証明書があることで有利になる可能性も考えられます。
登録などに関しては、インターネットなどでも調べることが可能です。

次の記事へ

カテゴリー