お任せ!長さのJCSS校正業者6選

製品の長さの正確性を証明できるJCSS

TOP > 長さのJCSSについて > 製品の長さの正確性を証明できるJCSS

製品の長さの正確性を証明できるJCSS

物の長さを測る道具は、色々あります。
代表的な道具は定規ですが、人によってはその道具の数字を気にしていることがあります。
数字が正確でない可能性もあるからです。
やや極端な例ですが、定規に刻印されている目盛りを見る限り、1mmの幅が広すぎる状況だとします。
明らかに1センチぐらいの幅である筈なのに、定規には1mmと刻印されているケースが稀にあります。
さすがに1センチは極端ですが、定規を買おうと思っている方は、その数字の正確性を気にしている事もある訳です。
ですから定規を販売する側からすれば、数字の正確性を証明したくなる事があります。
では、どうすれば長さが正確である事を証明できるかというと、JCSSです。
数字が正確である事を証明する資格のようなもので、正確性が認められている道具であれば、独自のシンボルも入っています。


現にあるサイトで販売されている定規には、JCSSに関する証明書があります。
証明書が発行されている以上、その定規に対しては過去に審査が実施されていた訳です。
もちろん審査に通過しなければ、証明書を取得する事はできません。
つまり上述のサイトで販売されている定規の場合、お墨付きを得ている状態になります。
ですから長さが正確な定規や道具を買いたい時には、JCSSの証明書を取得済みであるかどうかを、よく確認する必要があります。
通販サイトなどの商品説明文を見てみて、証明書発行済みと明記されている定規であれば、長さは正確であると判断できるからです。
実際多くの定規を見てみますと、証明書の有無が不明な商品もたまにあります。
証明書の有無は、定規選びの基準の1つになるでしょう。


それを考慮すると、道具を販売する側としては、JCSSの証明書を取得しておくのが望ましいです。
販売している製品の信頼感に関わってくるからです。
上述のように、道具選びを行っている方々は、証明書の有無を確認しています。
証明書が発行済みであるかどうかを慎重に見ていますから、道具を販売する方としては、証明書を取っておくに越した事はありません。
それは信頼感の確保にもつながるからです。
証明書を取っている物を販売していれば、消費者からは「長さが正確な製品を販売している」と評価されるので、信頼されるようになります。
それは、後々の売上にも関わってきます。
ちなみにJCSSの証明書を発行するには、費用もかかります。
しかし信頼感も得やすくなりますし、JCSSの証明書の取得を検討している方も多いです。

次の記事へ

カテゴリー