お任せ!長さのJCSS校正業者6選

長さに関するJCSSの証明書の試験と受験料

TOP > 長さのJCSSについて > 長さに関するJCSSの証明書の試験と受験料

長さに関するJCSSの証明書の試験と受験料

長さに関わる道具には、正確性が求められます。
自社で定規などを販売しているなら、その目盛りは正確でなければなりません。
不正確な目盛りですと、間違った数字を表示している事になってしまいます。
JCSSとは、その正確さに関する証明です。
JCSSの証明書を取得済みの業者であれば、販売している道具の目盛りの数字も正確である事を証明できます。
現に通販サイトで道具を色々見てみますと、証明書に関して言及されている事があります。
証明書も所得済みの製品であると明示されている訳ですが、少なくともその業者は審査を受けた事だけは間違いありません。
道具に関する審査を受けた事があって、その審査で問題なかったので、きちんと証明書も発行されている訳です。
人によっては、証明書を取得済みであるかどうかを基準に、道具を選んでいる事もあります。


どうすればJCSSの証明書を取得できるかというと、まずは試験を受ける必要があります。
証明書は、認可された法人によって発行されています。
その法人が実施している試験を受けて、まずは合格する必要があります。
道具の正確さに関して、色々な観点から確認を行い、特に問題なければ証明書が発行される訳です。
ですから証明書を取る為には、試験の申し込み手続きも踏む必要があります。
なお試験の料金は、基本的には前払いになります。
コンビニや銀行などで入金した上で、所定の審査を受けます。
そして審査で問題なければ証明書も発行されますが、その書類を窓口で受け取っても構いませんし、郵送してもらう事も可能です。
なおJCSSの試験の料金が何円程度になるかは、それこそ状況次第です。
1000円程度で受験できる事もあれば、4000円台になる事もあります。


JCSSの試験を行う際には、所定の測定機器が使用されます。
その測定器にも複数の種類があって、簡易的な測定器が使用された時には、受験料は数百円程度になる事があります。
その逆に、やや高度な測定器が使用される事もあります。
三次元の測定器などが使われた時は、4000円程度になる事が多いです。
またJCSSの試験料金は、企業規模にも左右されます。
中小企業の場合は受験料が安くなる傾向があり、大企業は少々高めです。
ちなみにJCSSの試験は、個人事業主でも受験できますが、料金は比較的安くなる傾向があります。
なお料金の支払い方法も複数あって、上述のコンビニや振込の他に、クレジットカードの支払いも可能です。
また窓口にて申し込みする場合は、その場で現金で支払う事もできます。

次の記事へ

カテゴリー