お任せ!長さのJCSS校正業者6選

長さの信頼性を保証するJCSS

TOP > 長さのJCSSについて > 長さの信頼性を保証するJCSS

長さの信頼性を保証するJCSS

例えば、使っている測定器が表している数字が実は誤っており、本来の値との間に違いがあるという時、目盛りの補正を行う必要が出てきます。
それを校正と呼びますが、校正には二種類あり、一つは一般的なものです。
またもう一つはJCSS校正と呼ばれるもので、JCSSとは日本において校正事業登録に関する認定を行う場合の制度のことを言います。
したがって、JCSSとなっている機関が行った校正自体は、日本国内では軽量基準を満たしていると国が証明しているということになります。
もちろんJCSSを取得していなかったとしても校正を行う事自体はできないわけではありません。
しかし相手先の企業などはその会社の方がJCSS校正で認定を受けているかどうかを重要視することも実際には多々あります。


では実際にJCSS校正にはどう言ったメリットがあるかというと、その一つとして簡単に証明できるというのがあります。
長さだけでなく実際にJCSSが提供する国家標準器自体は、質量、時間、光など色々なものに関係しています。
もちろん一般的な校正を行うこともできますが、その場合、その校正が正しいかどうかということを自ら証明しなければなりません。
しかしJCSS校正自体は第三者の視点によって許可認定されているものだということができます。
つまり、校正を行った際も自ら証明する必要は無く、すでに第三者に証明してもらえた状態になっているといえます。
国が保証しているということから、信頼性が高いと考えてもらうことも十分可能となっています。
したがって、通常の校正よりもメリットを感じられると言えます。


また、JCSSは日本国内だけでなく国際的にもその信頼性は認められています。
なぜなら、JCSS校正自体はISOの規格に準拠しているからです。
だから、日本国内だけで利用できるものというわけではなく、海外とのやり取りをする時にも利用は可能です。
もちろん校正証明書を発行する事もできるので、正しく証明しているという事を誰が見てもわかるように証明する事も可能となっています。
もちろん、このタイプの校正を受けるためにはある程度の費用が必要となるため、無料で行えるというわけではありません。
しかしその分の費用を払ったとしても十分得られるものが多い、つまりメリットがかなりあるため利用価値が高いものだという事ができます。
したがって現在では非常で信頼性が高いものとして注目されています。

次の記事へ

カテゴリー