お任せ!長さのJCSS校正業者6選

長さを図る際にはJCSSは必要不可欠です

TOP > 長さのJCSSについて > 長さを図る際にはJCSSは必要不可欠です

長さを図る際にはJCSSは必要不可欠です

JCSSは日本における国家的な計量標準規格です。
長さを図ること、計量測量に関することはこのJCSSの認可なくしてはできません。
日本国内で計量測量に関するビジネスをスタートさせる際には、必ずこのJCSSの審査をへて登録を行わなければなりません。
計量法に基づくこのトレーサビリティを無視して測量関連のビジネスを行うことは違法行為になりますので、まずはこの標準登録を受けることがビジネスの大前提になるということです。
日本国内の製造業、自動車やその他モノづくりに関するあらゆるものは、このJCSSの登録ありきのビジネスであるということを知っておきましょう。
具体的な内容に関して、ご不明な点がある際には、書店に置かれている専門書を読んでも良いですし、インターネット上の専門サイトを閲覧してもよいでしょう。


JCSSに関してはインターネットで具体的な内容を確認することができますが、独立行政法人製品評価技術基盤機構にお問合せいただければ、専門スタッフが丁寧に教えてくれるでしょう。
JCSS、つまり計量法校正事業者登録制度の管轄である独立行政法人製品評価技術基盤機構では、お問合せ窓口というものも存在していますので、ご不明な点や気になることがあればまずはお気軽にお問合せいただくとよいということです。
登録制度に関して、その方法や審査内容に関しても詳しく教えてくれます。
独立行政法人製品評価技術基盤機構はインターネット上に公式ホームページを設けておりますので、ホームページを閲覧するだけでも概要を理解することはできるようになっています。
JCSSの概要から登録申請手続き、技術試験に関する情報まで細かく掲載されていますので、まずはホームページにアクセスされることをお勧めいたします。


独立行政法人製品評価技術基盤では、あらゆる質問にも応じてくれます。
バイオテクノロジー分野や化学物質管理分野、適合性認定分野など、細かいセクションに別れていて、それぞれに専門スタッフが控えています。
ご不明なことがあればすぐに応じてくれます。
電子届出に関しても、パソコンの準備から事前届け出の提出方法、クライアント証明書に関する疑問などにも、すぐに応えてくれます。
計量法は細かい規約がたくさんありますので、専門家の意見やアドバイスを受けながら登録申請をしていくことがとても重要であるということです。
製品評価技術基盤機構の公式ホームページには、計量に関する用語や略語に関する案内ページもあります。
またメールマガジンの配信も行っていますので、まずはお気軽にメールマガジンの配信登録を行うとよいでしょう。

次の記事へ

カテゴリー